Responsive image

筆の世界の魅力


筆で書く文字には長年の空間と造形美の研究の歴史があります。
それに仮名文字の続け書き(連綿)が加わると、動きや流れの研究も出来ます。
これはコンピューター等の活字文字には出来ない事です。

黒と白のモダンな現代アートを作るのも、色彩豊かな美しい紙の上に、
流れるような散らし書きを書いて楽しむのも貴方次第です。

学校や会社でつちかった知識を活かし、一緒に日本の美を勉強しましょう!

教室案内


教室名・講座名 開催日時 受講料 連絡先
栄中日文化センター教室
「美しく書く実用書道」
第2・第4 火曜日
13:00~15:00
入会金:3,500円
月謝:11,016円(3ヶ月)
 
栄中日文化センター
名古屋市中区栄4-1-1中日ビル4階
電話:0120-53-8164
NHK文化センター名古屋教室
「かな入門A」
「かな入門B」
第2・第4 木曜日
13:00~14:30
15:00~16:30
入会金:5,000円
月謝:21,384円(6ヶ月)
月謝:21,384円(6ヶ月)
NHKカルチャー名古屋教室
名古屋市東区東桜1-13-3 NHK放送センタービル7階
電話:052-952-7330

青柳堂サンシティカルチャー教室 第2・第4 木曜日
10:00~12:00
入会金:なし
月謝:5,000円(1ヶ月)
株式会社 青柳堂
名古屋市中区栄4丁目1番地8号 栄サンシティービル1階
電話:052-259-0313
慶花堂 東京銀座教室 第1 月曜日
10:00~12:30
入会金:なし
月謝:5,000円(1ヶ月)
株式会社 慶花堂
東京都中央区銀座5丁目9-13 銀座菊正ビル2階
電話:03-3573-5011

 

*いづれの教室も随時入校できます。
*お問合せ・お申込みは各教室の「講座詳細・申込ページ」からお願いします。

お知らせ


New 最新ニュース
  • 開催終了 2019年4月25日 作品鑑賞ツアーを開催しました。
  • 書芸院役員展と選ばれて書芸院の魁星作家展に出品された衣川先生の作品とを見るため、
    早朝からバスで大阪に団体(名古屋からと新幹線組くわえると37名)で鑑賞ツアーをしました。
     
    Responsive image

    バスツアー

    Responsive image

    天つ風

  • お知らせ 2019年3月16日 第73回日本書芸院 三月審査会 受賞者発表
  • 第73回日本書芸院 三月審査会の受賞者発表があり、多くの方が受賞されました。

    *敬称略、順不同
    書芸院大賞(二科審査員より) 石井綠風(二回目)   覚前好美   村瀬季舟
    特別賞(無鑑査会員より) 足立千代子   吉村佳代子
    準特別賞(無鑑査会員より) 朝倉順子   大野妙子
    特選(一科会員より) 加藤こづみ   久野聖子   平田倫子   山岸彩華
    一科会員推薦賞{二科会員より) 岡田京子   岡部朋子   小木曽智子   勘解由美智子
  • 開催終了 2019年3月15日 玄之会 理事会・総会・授賞式
  • 「清宇賞」は今年もなくトップ賞の中日賞に覚前好美・森笙韻さん、お二人はこれから監事として玄之会の仕事もして頂きます。
    清宇先生の調和体作品の間の取り方の呼吸は本当に素晴らしく私達はそれを学び取る勉強して精進するのは当然ですが、 変化も必要で恐れることなく前進しましょうと少し苦言も呈しました。
     
    Responsive image

    玄之会

  • 開催終了 2019年3月12日~3月17日 第47回玄之会書展
  • 愛知県美術館ギャラリーにて、第47回玄之会書展を開催しました。
     
  • 開催終了 2018年11月2日~11月25日 改組 第五回 日展
  • Responsive image

    母を思う歌

  • お知らせ 2018年8月16日 第35回読売書法展 受賞者発表
  • 第35回読売書法展の受賞者発表があり、多くの方が受賞されました。

    *敬称略、順不同
    読売俊英賞(幹事対象) 三浦清舟
    読売奨励賞(評議員対象) 鈴木令華
    特選 神門倫子
    秀逸 古藤美佐子 小谷のり子 滝熊俊江 安藤幸恵 片山春花  小河孝子 (調)瀬川秀子
    入選・仮名(会友) 中野きよみ 宮川章波 水野孝映 山本宮乃理 吉村佳代子  増田英花 植村妙子 川村政子 松田真理子 覚前好美
    入選・仮名(公募) 古田銀子 辻紫硯 杉浦清子 野田千鶴子 若山清瑚 長谷川智美  宅間敏子 船場光子 青山千峰 三浦昭子 川口陽子 
    稲村洋春  太田町枝 中村桂子 岡田京子 山岸彩華 足立千代子 葛谷佳子  手島公子 岡部明子 平田倫子 朝倉順子 
    久野聖子 幸村美恵  久田敏江 小木曽智子 本庄淑子 深田園子 荒木美代子  加藤こづみ 勘解由美智子
    調和体 澤田伊三生 秋山光子 大岡洋三 大橋尚次 後藤保正
  • 開催終了 2018年4月15日 黒野清宇遺墨展
  • 遺墨展は口コミ来場者など、日に日に入場者数が増え、大好評の内に4月15日無事会期を終えました。
     
  • お知らせは随時更新します。

プロフィール


Responsive image
近藤 浩乎(こんどう ひろこ)
日展会員
読売書法会常任理事・企画委員
日本書芸院常務理事
中日書道会顧問
玄之会理事長
好きな文字を選び自由に空間を動かし、操るかな書の魅力に取りつかれ、暇があったら筆を持っています。
でも健康であり、家族あってこそというのが信条です。

近藤浩乎 作品ギャラリー


玄之会について


玄之会とは日展会員・愛知教育大学名誉教授 黒野清宇先生が興された、主に仮名書道を研究する書道団体です。
会員を中心に競書を通じ書道の勉強をして日展・読売展・日本書芸院展・中日書道展等に出品し仮名書の追求・研鑽を行っています。
毎月、書道研究雑誌「黒曜」を発行。


会長 黒野 清宇 (平成29年7月5日逝去)
第六十一回日本芸術院賞受賞
第六十一回中日文化賞受賞
第四十三回東海テレビ賞受賞
日展会員
読売書法会 顧問
日本書芸院 名誉顧問
全日本書道連盟 顧問
全国書美術振興会 顧問
玄之会本部
〒461-0011
名古屋市東区白壁4-93-1102 近藤浩乎方
毎年春に会員展(公募展)を愛知県美術館で開催
Responsive image

*書道研究雑誌「黒曜」